世界唯一の製法

「ユニセル」は、テイジンが開発した独自の不織布製法によって生み出される世界唯一の長繊維不織布です。積層延展法、バーストファイバー法、トウ開繊法という3つの製法を組み合わせることにより、優れたヒートシール性、鮮やかな印刷性、良好な成形追随性、高い吸油・保温性といった4つの特長を生み出し、多様な用途展開を図っています。

用途に合った不織布をつくる「ユニセル®」の製法

積層延展法

2種類のシートを何層も積層、延展し、フラットローラーでプレス

スパンボンド

高速紡糸した繊維をコンベアー上に捕集し、エンボスローラーでプレス

「ユニセル®」の特長

優れたヒートシール性

異なる素材を多層構造で積層

詳しく

鮮やかな印刷性

平滑なシート表面の実現

詳しく

優れた成形追随性

強伸度のタテヨコのバランスがとれた物性

詳しく

高い吸油性・保温性

繊維の多孔質構造

詳しく

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0827-22-1151